骨折後の疼痛・運動障害

骨折後の慢性的な痛み

疼痛による運動障害は神経症状が原則です。

受傷部位の疼痛による運動障害については、局部の神経症状として障害程度の評価をすることが原則になります。
その上で、後遺障害の認定基準は「通常の労務に服することはできるが、時には強度の疼痛のため、ある程度差し支えがあるもの」は第12級、「通常の労務に服することは出来るが、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」は第14級に該当する。と規定されています。
疼痛以外の感覚障害については、「疼痛以外の異状感覚(蟻走感、感覚脱出等)が発現した場合は、その範囲が広いものに限り、第14級に該当する。と規定されています。

疼痛等感覚障害の認定基準

神経症状では無いが患部に疼痛が残る場合

受傷部位に「時には強度の疼痛」か「ほとんど常時疼痛を残す」か

受傷部位の疼痛障害については、「通常の労務に服することはできるが、時には強度の疼痛のため、ある程度差し支えがあるもの」は第12級、「通常の労務に服することは出来るが、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」は第14級に該当する。と規定されています。
疼痛以外の感覚障害については、「疼痛以外の異状感覚(蟻走感、感覚脱出等)が発現した場合は、その範囲が広いものに限り、第14級に該当する。と規定されています。
ここにある「受傷部位」とは、実務上は「器質的損傷が画像で確認できる」もの、「骨折や脱臼」がある事になります。
したがって、打撲や捻挫の場合には射程外になります。
事故によって外傷性の骨傷(骨折又は脱臼)がレントゲンで確認できる場合には、12級相当=頑固な神経症状となり、軟部組織の異常がMRIで確認できる場合にはいずれかになり、捻挫や挫傷の場合には14級相当=局部に神経症状を残すものか否かになります。
つまり、外傷による器質的損傷が画像で確認でき、関節の機能障害は後遺障害の基準以下であるが、関節の運動に伴って痛みの症状が出現する場合には、神経症状として後遺障害に該当するか否かの問題になります。
これを立証するのは、主治医による理学診断や、電気生理学的な検査結果などの他覚的な所見によることとなります。

痛みや神経症状との併合

骨折後の慢性的な痛み

受傷部位の他の障害と、神経症状が併せて残存する場合

併合とは、障害の系列を異にする身体障害が2以上ある場合に、重い方の身体障害の等級によるか、又はその重い方の等級を1級ないし、3級を繰り上げて当該複数の障害の等級とすることをいいます。
上肢や下肢の関節を骨折又は脱臼した事が原因で関節可動域に制限を残したものとして後遺障害が認定された場合に、骨折・脱臼によって神経症状が出現しその障害が頑固な神経症状として12級13号として認定された場合には、関節機能障害の等級が1つ繰上る事になります。
この場合の頑固な神経症状とは、医学的に証明できるものであり、経過診断書には「○○骨折」との傷病名から、骨の癒合や抜釘術後に「○○神経障害」や「○○麻痺」との傷病名が付され、その傷病に対してペインクリニック等の専門的な治療が施行されるも、症状が残存した場合に認められるものになります。

疼痛の医学的知見

どの様な痛みがあるのかを主治医に正確に伝える事も重要です。

国際疼痛学会の定義

国際疼痛学会よる「疼痛」とは、「痛みは、実質的または潜在的な組織損傷に結びつく、あるいはこのような損傷を表す言葉を使って述べられる不快な感覚・情動体験である。」と定義されています。

痛みの原因

原因別に侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛に分類される

侵害受容性の痛み

外傷や炎症などによる急性痛は侵害受容性、この疼痛は何らかの刺激から健常な組織を保護するための、生体の異変を知らせる重要な警告信号である。

神経因性の痛み

神経因性は、末梢及び中枢の神経系統の器質的な異常による病的な痛み、症状としては、自発痛、感覚過敏、異痛症(アロディニア)

心因性の痛み

心因性疼痛は、器質的な病変が何もなく、心理的な要因で起こる痛みを指し、社会的・精神的なストレスが関与する場合が多い。

具体的な痛みの表現と関連する組織は、

神経
鋭くはっきりとした電気が走るような痛み→神経。焼けるような、押し込まれるような、刺すような痛み→交感神経系。鋭く打ち込まれるような痛み→神経根。筋肉・ひきつつような痛み→筋
軟部組織(靱帯や関節包)・鈍く疼くような痛み→靱帯、関節包
骨、骨折・深く、しつこい鈍い痛み→骨。鋭く、耐え難い痛み→骨折

処方される鎮痛剤

症状経過に応じて、処方される薬が変化していくのが一般的です

薬と症状の変化や効果

処方された薬を服用し、その作用や効果についても、主治医へキチント伝えて下さい。
痛みの原因は炎症です。炎症とは腫れも伴うので、腫れの為に患部の血行不良が出てきます。炎症を放っておくと患部の組織や構造、状態は悪くなります。
そこで、処方される薬は主に消炎剤で、飲み薬や、シップ・テープなど貼り薬、ローションなどの塗り薬、座薬などあります。 これは消炎剤ですので、患部の炎症を抑えるの主たる目的で、その結果(副産物的)に痛みが取れています。決して何かを麻痺させているわけではありません。
どの様な薬が処方されていたかも、後遺障害認定においては事実として評価される項目です。処方されている薬については、薬剤師に聞かれるかご自身で調べる事も大切です。

関連するページ

下記のページをご用意していますので、ご参照ください。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

 

ページの先頭へ