足関節・足指関節の可動域制限

器質的な外傷性損傷が画像で確認できる事が前提条件

関節の機能(運動)障害を起こしている原因が、器質的損傷(解剖学的にカタチのあるもの)によるものであることが確認できる事が前提条件になります。 この器質変化には、骨折・脱臼以外にも、関節それ自体の破滅や硬直によるもののほかに、関節外の軟部組織の変化によるものも含まれます。

外傷性傷病名と病態

医学上の傷病名は、「解剖学的部位名」+「外傷態様」で表します。「右腓骨骨折」や「足関節脱臼」が外傷性傷病名になります。 これに対して、「症」・「病」・「症候群」・「障害」という傷病名は、外傷性の傷病によって至った病態を示す傷病名になります。

関節の可動域障害認定基準

患側と健側の背屈と底屈運動の他動値を比較して、1/2以下の場合には10級11号、3/4以下の場合には12級7号との認定になります。

足関節の可動域障害の測定

足趾(指)関節の可動域制限

母指(親指)とその他指で

患側と健側の屈曲と伸展運動の他動値を比較して、1/2以下の場合には10級11号、3/4以下の場合には12級7号との認定になります。

足指関節の可動域障害の測定


下肢関節可動域表示と測定要領

足指の機能障害は、母指とその他の指の組み合わせによって6つの序列になります。

足関節の骨折

足関節は脛骨・腓骨・距骨にて構成されています。

足関節部の骨折は、通常は脛骨、腓骨の骨折を指し、内果骨折・外果骨折・後果骨折などの果部骨折と脛骨下端の骨折があります。外力が大きい場合には脱臼骨折や開放骨折となり、ときには骨折を伴わない脱臼が生じることもあります。骨折に伴って、腱や靱帯の損傷を伴うことがあります。

足部の骨折

足は指節骨・中足骨・足根骨にて構成されています。

指節骨は足指の骨で、中足骨は足指と足根骨をつなぐ骨で、足根骨は7種類ある足首を構成する骨です。足根骨内の横足根関節をショパール関節と呼び、足根骨と中足骨を結ぶ関節をリスフラン関節と呼びます。
足部の骨折と脱臼には、距骨骨折、踵骨骨折、横足根関節脱臼、足根中足関節脱臼骨折、中足骨骨折、趾骨骨折などがあります。
骨折の中では踵骨骨折が多く、強い疼痛、発赤、腫脹、皮下出血を伴い、踵骨(足首)に荷重できない状態です。踵骨骨折は骨折が関節内に及ぶものと及ばないものに分類され、関節内及ぶ場合にはその後に足関節の可動域障害が残存する場合があります。

関連するページ

下記のページをご用意していますので、ご参照ください。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

 

ページの先頭へ